ポイントがたまるイメージ

お金・ポイント・クーポン

【2020仕様変更版】LINEポイントをLINE Payに交換・現金化する手順【おすすめの使い道は?】

2020年4月17日

2019年年末をもってLINEポイントの仕様が大きく変更。LINE Payや他社ポイントへの直接交換ができなくなり、使い道が狭くなりました。

現在、LINEポイント公式ページに掲載されている交換先には、

  • LINEの自社サービスでの使用
  • 他社フードチケットへの交換

が主にラインアップされていて、

 

これらを使用されない方にとっては、

めぼしい交換先がなく、使い道に困っている
LINEポイント→LINE Payや他社ポイントへの直接交換ができなくなったいま、そもそも貯める価値あるの?

と思われていることでしょう。

 

結論から言うと、実は2020年以降もLINEポイントをLINE Payに交換することは可能です。
LINE Payに交換すれば、欲しいものに直接「お金」として使えるので使い道無限大!
しかも支払い金額に応じてLINEポイントが還元されて、二重でオトク!
必要であれば、現金化することだってできます。

この記事では、LINEポイントをLINE Payに交換・現金化する方法と、その他2020年以降も実践できるおトクな使い道をまとめました。

 

 

 

 

2020年版・LINEポイント→LINE Payに交換

LINEポイント交換ルート

 

2019年まで提供されていた直接交換ルートは閉鎖されましたが、
代わりに、LINE証券口座を介することでLINEポイント→LINE Payに交換できるようになっています。

 

LINE証券口座の入出金については、

LINEポイント→LINE証券 可能
LINE証券→LINE Pay 可能(LINE Pay→LINE証券も可能)

と、手数料無料で交換できます。

 

つまり単純にLINEポイントをLINE Payに交換したい場合は、LINE証券口座にポイントで入金してすぐ出金するだけですね。
実際に投資する必要はありません。

 

LINE証券口座の開設はスマホ上で完結し、手間取っても10分程度で手続きができます。私もこのために開設してみましたが、想像以上に簡単あっさりと終わってしまいました。
開設の手順は、次の別記事でご紹介しています。

 

詳細記事
LINE証券口座開設手順
【2020最新】LINE証券の口座開設手順を徹底解説【申し込み方法・始め方】

LINE証券を申し込み・口座開設したいけど、はじめてで慣れていないから不安。 口座開設するにはどのような書類や時間が必要なのか、全く知識がないので事前に知りたい。   LINEアプリの知名度 ...

 

 

入金(LINEポイント→LINE証券)

では、実際に500ポイント(=円)を、入金し出金する手順をご紹介します。

LINE証券

step
1
LINEアプリからLINE証券を起動

LINEアプリのウォレット画面からLINE証券を開きます

LINEアプリのウォレット画面

 

step
2
メニューを開いて入金を選択

LINE証券の画面

・・・(メニューボタン)>入金を押します。

LINE証券の画面

 

step
3
LINE証券口座に使いたいLINEポイント数分の金額を入力

画像では500ポイントを使用したいので、500円と入力します。

LINE証券の画面

入金するを押します。

LINE証券の画面

LINE Payで登録したパスワード(7桁)が要求されます。

LINE証券の画面

 

step
4
全額ポイント利用に指定

画像では500ポイントを使用したいので、すべて使用を押します。

LINE証券の画面

押すと、全額にあたる500Pが自動的に入力されます。

LINE証券の画面

下のボタンが「0円を支払う」と表示されていればOKです。

LINE証券の画面

 

step
5
確認画面:決済をタップ

お支払い方法にはLINEポイントと表示され、全額にあたる500ポイントがご利用ポイントとして表示されています。

LINE証券の画面

お支払い合計が0円であることを確認し、決済を押します。

LINE証券の画面

決済前に再度、LINE Payのパスワードが要求されます。

LINE証券の画面

 

step
6
入金完了

残高に500と表示されるとともに、LINE証券公式アカウント・LINEウォレット公式アカウントから通知が届きます。

LINE証券の画面

LINEウォレットからのメッセージ

LINEウォレットからのメッセージ

LINE証券からのメッセージ

LINE証券からのメッセージ

 

 

出金(LINE証券→LINE Pay)

入金した500円は、すぐ出金できます。引き続き、次の手順で出金しましょう。

 

step
1
メニューから出金を選択

LINE証券の画面

 

step
2
先ほど入金した金額をそのまま入力

LINE証券の画面

金額を入力したら、出金するを押します。

LINE証券の画面

 

step
3
確認画面:確定する

金額と出金先を確認し、確定を押します。

LINE証券の画面

LINE証券で登録した取引暗証番号(6桁)が要求されます。

LINE証券の画面

 

step
4
出金完了

残高が減額されるとともに、LINE証券公式アカウント・LINEウォレット公式アカウントから通知が届きます。

LINE証券の画面LINE証券の画面

LINEウォレットからのメッセージ

LINEウォレットからのメッセージ

LINE証券からのメッセージ

LINE証券からのメッセージ

 

これで、結果としてLINEポイントがLINE Payに交換されたことになります。
この記事を予め読んで手順を知っている皆さんであれば、数分程度で入金から出金までできます。

あわせて読みたい

LINE証券口座開設手順
【2020最新】LINE証券の口座開設手順を徹底解説【申し込み方法・始め方】

LINE証券を申し込み・口座開設したいけど、はじめてで慣れていないから不安。 口座開設するにはどのような書類や時間が必要なのか、全く知識がないので事前に知りたい。   LINEアプリの知名度 ...

 

 

必要な方のみ:現金として引き出す手順

先述の入金した500円を、LINE Payではなく銀行口座を指定して出金することも可能です。
ただし、手数料が220円必要で、翌々日に反映されます。
銀行口座への出金の手順は、次の別記事の後半でご紹介しています。

 

詳細記事
LINE証券出金ルート
【徹底解説】LINE証券からLINE Payや銀行口座に出金する方法【現金化にかかる手数料は?】

LINE証券の残高は、LINE Pay残高にチャージ、またはご自身の銀行口座に出金(現金化)できます。 この記事では、それぞれの方法で出金する手順を画像付きで解説します。手数料・反映にかかる日数もすぐ ...

 

 

LINE Pay決済時にLINEポイントを直接充当することも可能、しかしデメリットあり

LINE Payにてポイント利用にチェックを入れておくことで、決済時に自動的にポイントを充当して支払うこともできます。

LINE PayのQRコード画面LINE Payのカード画面

しかし、これではポイント還元が受けられません。
通常であれば、決済金額の0.5〜2%のLINEポイントが貯まりますが、ポイント利用による決済金額分はポイント付与の対象外です。

また、先述の還元率はマイカラーという利用実績に応じて決定しますが、ポイント利用による決済金額分は利用実績にカウントされません。

LINEポイント→LINE Payへは、手順で紹介した通り数分程度でできます。ポイント利用のチェックは外しておき、ひと手間加えてオトクに賢く利用しましょう。

 

ポイント

LINE Payコード・LINE Payカードそれぞれのポイント利用のチェックを外しておきましょう

 

 

LINEギフト経由でAmazonギフト券などへの交換も可能

LINEギフトなら、LINE PayやLINEポイントを使ってAmazonギフト券などを購入できます。LINE PayカードやLINE Payコード決済をあまり使わない方は、Amazonギフト券などご自身がよく利用されている商品・サービスに交換するのも一つの手です。

ただし、等価交換ではなく、少し割高な場合があります。

LINEギフトの画面

例えば同じ3300円分を交換する場合、
LINEポイント→LINE Pay:3300円→3300円(等価交換)
LINEポイントやLINE Pay→Amazonギフト券:3300円→3000円(300円減)

AmazonならLINE Payカードが使えるので、わざわざギフト券に交換する必要はありません。

ドン・キホーテのmajicaギフト券など、等価交換のギフト券がおすすめです。

LINEギフトの画面

 

 

まとめ:2020年以降もLINE証券口座を介することでLINEポイント→LINE Payに交換可能、これがおトクな使い道

LINEポイント交換ルート

LINEポイントをLINE Payに交換すれば、欲しいものに直接「お金」として使え、さらに決済金額に応じたポイントももらえます。

私もLINEポイントの交換先大幅改悪よりも以前から、LINEポイントをLINE Payに交換していました。
やはり、貯めたポイントは少しの無駄もなく賢く使いたい。
LINEポイントのページに掲載されているフードチケットなどに交換してもそれほど嬉しくないですし、LINEギフト経由でギフト券などに交換してもおトク度は同じかそれ以下。

だから、改悪以前も2020年現在も、LINEポイントはLINE証券経由でLINE Payに交換するのがおすすめです。
LINEポイントは身近で貯めやすく、交換も今回紹介したひと手間で使い道が無限大になります。
これからも、LINEポイントをどんどん活用しましょう!

 

あわせて読みたい

LINE証券口座開設手順
【2020最新】LINE証券の口座開設手順を徹底解説【申し込み方法・始め方】

LINE証券を申し込み・口座開設したいけど、はじめてで慣れていないから不安。 口座開設するにはどのような書類や時間が必要なのか、全く知識がないので事前に知りたい。   LINEアプリの知名度 ...

-お金・ポイント・クーポン
-

Copyright© SHOKICHI.net , 2021 All Rights Reserved.